40代知っておくべき転職戦略

40代の転職の鍵!自己アピールのコツとは

 40代の転職活動で鍵になるのが自己アピールですが、自己アピールの仕方で頭を悩ませる方もいるのではないでしょうか?志望動機や、経歴については流暢に話せる人でも、自己アピールの時には口ごもってしまうという方もいらっしゃるかと思います。そこで、転職面接における自己アピールのコツについてご紹介しましょう。

 

 まず、自己アピールでつまづいてしまう多くの人が、「自分には特にアピールできる要素がない」と思っています。だからといって、何年も社会人として働いてきているのに、「周りと協力してスムーズに仕事をすることができます」など誰でも言えそうな自己アピールでは、面接官の心を捉えることはできません。

 

 例えば、同じようなフレーズでも、「予算ギリギリで事案が通らないだろうと上司から言われていた仕事があったんですが、どうしても実現したいプロジェクトだったので同僚や部下に協力してもらい、さまざまなアイデアをかき集めて、クライアントを説得し、GOサインを出してもらうことができました」と、状況や行動について具体的に話すことで、「周りと協力してスムーズに仕事をすることができる人」という印象を面接官に与えることができるでしょう。

 

 今まで何年も仕事を続けてきた経験があるなら、さまざまな仕事のエピソードが必ずあるはずです。特殊な資格や技術がなかったとしても、自分が何をし、どう感じ、どのように行動したのかを明確に伝えることで、あなたらしい自己アピールはできるはずです。

 

 転職先で自分らしく仕事をしていくためにも、まずは携わってきた仕事から、自分のアピールポイントを探ってみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

 

注目サイト
xn--40-083ap85ktka2c717p.net
40代に合った転職方法