言いづらいけどやってみよう

 転職の際に気になるのは、給料が下がってしまうのではないかということです。出来る限り高い給料を貰って働きたいと思うのは当然のことですが、給料の引き上げを面接で言うというのは非常に難しいのではないかと思います。

 

 でも交渉しなければ給料増加のチャンスはありません。思い切って給料引き上げの交渉をしてみるのはどうでしょうか。

 


 交渉ができるのは面接の間だけです。質問の時に給料を上げてくれるかどうか聞いてみましょう。上手く行けば給料増加の可能性はありますが、それは会社の状況にも寄ります。ある程度売り上げが増加し、給料を上げられる下地ができているようであれば、間違い無く給料アップを狙うことは出来るでしょう。しかし条件が幾つかあります。

 

 当然ですが、未経験の方が給料を上げてほしいというのはNGです。未経験の人にお金を沢山払うほど、会社も余裕があるわけではありません。これは返って採用の確率を下げてしまう可能性が高いので、未経験の職種に転職する際は交渉しないでください。

 

 交渉が可能になるのは面接の後半で、仕事の内容等を聞かれたときにこっそり話しておくのが良いと思います。経験があるのでちょっとだけ給料を上げてくれると嬉しいですといったようなことを話しておけば、給料を少しだけ上げてくれることもあります。こうした給料交渉は転職を成功さえる秘訣でもあるので、経験のある仕事であれば色々と聞いてみることが必要となります。