意外と重要な面接の自己紹介

自己紹介の重要性

 面接では、自分を魅力的に伝える方法を模索する必要があります。その一つが自己紹介であり、どの企業のどの面接でも必ず行われる儀式でもあります。そのため、どんな企業を受けるにしても必ず受けの良い自己紹介を考えておきましょう。

 

クドくない自己紹介を

 自己紹介とは、あくまで完結に自分を相手にアピールする場でもあります。本格的なアピールはその後の面接で行われるので、必要以上に自分を語らないようにしましょう。下手にアピールすると、その後のアピールに支障をきたすかもしれません。また、自己紹介の際趣味などを掘り下げて話さないことも重要です。

 

軽くアピールも

 とはいえ、全くアピールしないのももったいなく思われます。せっかく注目を集めて自分をアピールできるのですから、軽くでいいので自分をアピールしてみましょう。特に仕事に関するアピールを触りだけ話すことで、その後の面接につなげることもできます。

 

自己紹介は面接を占う

 自己紹介が上手くいけば、その後の面接がスムーズに進む可能性が高くなります。面接の流れを掴む最初の一手なので、下手を打たないよう気をつけましょう。必ずどんな自己紹介をするか丁寧に計画して、面接に臨むのです。