田舎に住む正看護師が上手に転職するには?

田舎では正看護師の需要が少ないということ

 正看護師や薬剤師の資格は基本的には「どの地域でも需要がある」ものなのですが、やはりその場所があまりにも山の方だったり田舎だったりすると、働ける場所も限られてきてしまいます。

 

 国家資格を取ると思わずテンションが上がってしまい、「これで田舎でも自分は働き続けていくことができる」と思ってしまうのですが、田舎の場合は実はそう上手くはいかないのです。

 

看護師は田舎での転職が非常にリスキーになる

 たとえば、看護師の場合はいくら転職しても就職先があるから大丈夫…と安心しがちなのですが、田舎の場合は病棟と介護施設以外に転職できる先がなく、そればかりか介護施設もかなり数が少なかったりするので、転職を二度、三度繰り返してしまうと、それ以降転職できる場所がなくなってしまう危険性があるのです。

 

 つまり、田舎で転職を考えているのであれば、まずは自分が働けそうな場所をすべてリストアップし、転職する前に転職できる場所の数を考えてみるべきだと言えます。

 

 そうしないと、「自分は看護師だから大丈夫」という誤った認識で転職を繰り返し、やがては就職できる場所を失ってしまいますし、そういった経験は自分を育てるばかりか大きな挫折へと導いてしまうのです。

 

 たしかに正看護師、准看護師などは臨床経験さえあればどこにでも就職できますし、一部の地域で転職を繰り返しすぎて就職できる場所がなくなっても都内へ引っ越すという手もあるのですが、寮付きの病棟もなかなか大変です。

 

 いざ就職してまた転職したくなったとしても、寮付きだと退職するときに手続きが大変なので、田舎に暮らし知恵流方は先のことを見据えつつ転職をおこなうようにしましょう。